プロの料理テクニック「和食編」

役立つ○○

それは、割り醤油というものです。
割り醤油といっても、 超 簡 単 ♪
メモの用意を・・・。

   1
醤油  1
おろししょうが、少々)

です。(^^)v
簡単でしょ!
しかも、適当(だいたい)でもOKです!
言えば、醤油が薄くなっていれば、OKですから。

これを、魚と別に、小皿に用意しておくと、
ただの塩焼きから、少しレベルアップした感じになるでしょう。

造り(刺身)の醤油みたいな感じで用意すると、
よろしいかと思います。 (←実は、モノマネだったりします。(^^ゞ)
見た目も、良いですし、味もいいですよ。

もちろん、その時の魚の塩加減は、少し控えめにつけておいた方がいいです。
しっかり、塩味がついていると、醤油は、いりませんから・・・。

スーパーで売っている、「塩サバ」は、論外です。
あくまで、ご家庭で『 塩 』をした時でございまする。

≪ 次 回 に つ づ く ≫

今、焼いています・  ⇔  塩焼きの応用

 

このページのトップへ戻る↑

プロの料理テク
≪記事一覧≫

味噌汁

味付け

てんぷら

焼物

種類別

番外編

Copyright ©  プロの料理テクニック「和食編」 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy