プロの料理テクニック「和食編」

杯数の応用

今回は、どういう風な応用の仕方があるのか、見てみましょう。

では、早速!

「甘」と「辛」が1:1で、
みりんとしょうゆを使うことを話しました。

  
これを、すこし、応用します。

たとえば、あんかけなどで、あまり醤油の色を、付けたくない時、

「辛」の醤油を0.5にします。

(おもに和食では、あんかけを使用する料理の時、 中の素材の色を、いかすために、あんかけの色を薄くします。)

薄口醤油を使用する。

そして、残りの0.5を「塩」にするわけです。

塩の分量は、適量です。


塩を・・・

次回に 
     〜≪ つ づ く ≫〜

杯数の例  ⇔  杯数の応用 2

 

このページのトップへ戻る↑

プロの料理テク
≪記事一覧≫

味噌汁

味付け

てんぷら

焼物

種類別

番外編

Copyright ©  プロの料理テクニック「和食編」 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy