プロの料理テクニック「和食編」

食材の仕込み エビ

エビの続きです。

まっすぐに、揚げるには・・・

まず、前回同様、エビの殻をむきます。

むいたエビを、まな板の上に、背の方(模様のついている方)を上にして、親指と人差し指で、つまむようにして押していきます。

頭の方から、ギュッ・ギュッ と!
(頭の方を、右に向けて、作業する)

すると、関節のところで、身が離れます。

身が離れるというのは、完全に切り離してしまうのではなく、
表面は、そのままで、中の身だけが離れるイメージです。

伸びるような感じで!

それを、しっぽの方まで、やると、ok です。

包丁で、たたいて、伸ばす方法もありますが、
身がぺったんこになってしまい、歯ごたえがなくなります。

ですので、おいしく食べるには、
そのまま揚げるか、上のように関節をはずして、揚げる方が良いと思います。

その方が、ぷりぷり感が、ありますので。(^^)v

≪ 次 回 に つ づ く ≫

食材の仕込み  ⇔  食材の仕込み いわし

 

このページのトップへ戻る↑

プロの料理テク
≪記事一覧≫

味噌汁

味付け

てんぷら

焼物

種類別

番外編

Copyright ©  プロの料理テクニック「和食編」 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy