プロの料理テクニック「和食編」

油の温度

油の温度の見方は?

天粉をさいばし、もしくは手で、何滴か油に落とします。
その時、天粉を注意して見てください。 

温度の状況(低いA〜D高い)

A)
下まで、落ちて、しばらくしてから、
浮き上がってきた場合は、
温度が低いです。もう少し待ちましょう。

B)
下まで落ちて、ついたと同時くらいで、揚がってきた場合は、
170〜175℃くらいです。
いい状態です。食材を入れていきましょう。

C)
下まで落ちて、下につかずに途中で、浮き上がってきた場合は、
180℃くらいです。
いい状態ですが、食材をいれてからの温度に注意します。

D)
入れても、沈まない場合は、温度が高すぎますので火を止め、温度が下がるのを待ちます。

どうしても待てない方は、火を止め、
天粉を油に多めに散らしていくと温度は、早く下がります。

次回、もう少し詳しくみていきましょうぞ。(^^)v

≪ 次 回 に つ づ く ≫

揚げる前に  ⇔  油の温度 2

 

このページのトップへ戻る↑

プロの料理テク
≪記事一覧≫

味噌汁

味付け

てんぷら

焼物

種類別

番外編

Copyright ©  プロの料理テクニック「和食編」 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy