プロの料理テクニック「和食編」

てんぷら 最終回

現役の時の話です。

仕出し(和食の弁当)なんかの時は、
天だしは付けられませんので、塩を添えていました。

その塩も、抹茶の粉末と混ぜて、抹茶塩を添えたりしていましたね。

上のように、ただ、混ぜるだけで良い抹茶塩なんかを、
家庭の食卓に用意するだけでも、雰囲気が変わったりしますよね。(^^)v

別に、普通の塩だけでも、
十分雰囲気が変わったりすると思います。

刺身なんかの醤油を入れるような小皿などに塩を入れて、
さらに、天だしも用意して、

さらに、あなたが衣を薄く『カリッ』と、『サクッ』と揚げれば、そりゃもう最高です!

すいません。
すっかり食べる側にたっていました。(^^ゞ 
(グルルル〜♪)

料理は、テクニックも大事ですが、演出も大事ですね。 今回で、とりあえず、天ぷらを終了します!
長い間、ありがとうございました。(ToT)

次回からは・・・

≪ 次 回 に つ づ く ≫

てんぷら 食べる時  ⇔  焼物

 

このページのトップへ戻る↑

プロの料理テク
≪記事一覧≫

味噌汁

味付け

てんぷら

焼物

種類別

番外編

Copyright ©  プロの料理テクニック「和食編」 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy