プロの料理テクニック「和食編」

カニの刺身(少し詳細版)

以前、カニの足の部分(刺身)の説明をしましたが、
今回は、もう少しだけ掘り下げて、説明したいと思います。

活のカニを、刺身にする時に、主に2つのパターンがあります。
(殻をはずしてから)

1.そのまま
2.氷水

同じ刺身なのに、まったく違う物になります。

1.「そのまま」の方は、その字のとおり、殻をはずし、そのままの身の状態です。(さっと、氷水で洗ってもいい)
食感は、トロッとした感じ。


2.「氷水」の方は、殻をはずした後、氷水につけます。
約5分ほどすると、身に水分を含み、花が咲いたように広がります。
食感は、プチプチっした感じ。

見た目も違うし、食感も変わってくるので、
後は、好みの問題かもしれません。

個人的には、「そのまま」の方が好きです。(^^!

プライベートで食べるなら、
両方とも楽しんじゃうというのも、いいパターンですね。

カニ 「胴」「甲羅(蟹みそ)」  ⇔  活ズワイ蟹を、画像で解説!

 

このページのトップへ戻る↑

プロの料理テク
≪記事一覧≫

味噌汁

味付け

てんぷら

焼物

種類別

番外編

Copyright ©  プロの料理テクニック「和食編」 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy