プロの料理テクニック「和食編」

天だし

てんぷらって、どうやって食べます?

今回は、天だしの説明です。

では、天だしの杯数は?

白だし 4  (水と、ほんだしで、OK)

みりん 1

醤油  1  (濃口&薄口)

味の素 少々

以上です。

火にかけて、味噌汁同様、沸かさない!  (周りがぷつぷつ)

詳しく言いますと、調味料を足してからは沸かさない。
ほんだしを使用する場合は、それだけで一度沸かしてからがいいですね。

醤油は、薄口、濃口どちらでも良いです。
いろいろと試してみてくださいまし。

あと、
濃口 0.5 
薄口 0.5 
で、半々というのもありです。
(実際に、この杯数のお店もありました。)

これで、味が薄く感じた場合は、
白だし → 3  にする。

濃いく感じた場合は、
白だし → 5  にする。

味覚は人それぞれですので、調整してみてくださいね。

復習のコーナー

>>  杯数とは?
(この前後をご覧頂くと、よりわかりやすいかな?)

>>  味噌汁同様とは?
 
バックナンバーをご覧になってくださいませ。(^^♪ 今見ると、少し雰囲気が違いますね!

≪ 次 回 に つ づ く ≫

てんぷら 実践 6  ⇔  てんぷら 食べる時

 

このページのトップへ戻る↑

プロの料理テク
≪記事一覧≫

味噌汁

味付け

てんぷら

焼物

種類別

番外編

Copyright ©  プロの料理テクニック「和食編」 ALL Rights Reserved.

dummy dummy dummy